宇根の大ソテツ

HOME > 沖縄の名所 > 【沖縄の名所】宇根の大ソテツ

【沖縄の名所】宇根の大ソテツ

4.1.1 JP

【沖縄の名所】宇根の大ソテツ

ソテツは宮崎県から沖縄の島々や中国まで分布し、街路樹や庭木として広く利用されている植物です。そんな地域ではお馴染みのソテツですが、沖縄にはとても長生きで大きく育ったソテツがあり、噂を呼んでいます。
県の天然記念物に指定されている、樹齢250~300年のソテツは仲里村字宇根の喜久村家にあります。ここには郡を抜く大きなソテツが二株もあり、約4mの物と、なんと約6mの物があります。一般なソテツは海岸近くの風あたりの強い傾斜地やがけ地に生えるため、高さもせいぜい2mくらいにしかなりません。それに比べると宇根の大ソテツの存在感はなんとも言えず、見る者を圧倒します。初めて見ると本当にびっくりしますよ。

そしてここに来たら高さだけでなく、全体の形にも注目して下さい。ソテツの葉は広がり、いかにも南国の植物という感じがします。大ソテツだと更にインパクトがありますね。大ソテツの枝は200本以上もあり、その枝振りは他に類を見ない美しさです。年を重ねるにつれ風格も一緒にまとった立派な姿は、一見の価値があります。 ちなみにこの樹木は民家の敷地内にあり、見学料は150円です。ソテツのある家は沖縄らしさのある古風な枯山水の庭を持っています。周囲も昔ながらの街並みを残す集落で、雰囲気があります。私達が生まれる前、お父さんお母さんも、おじいさんおばあさんも生まれるずっと前からあるソテツですから、歴史の重さを感じられるような風景にぴったりマッチします。昔からこの場所で人々の暮らしを見守りながら、たくましく生き抜いてきたソテツは優しさや強さ、深さに懐かしさなどなど、様々な表情を見せます。同じ空の下に立って、ソテツが見てきた沖縄の歴史に想いを馳せるのも良いかもしれません。

見所・料金など

このソテツの状態の良さと美しさは徹底した保護・管理の賜物ですが、屋敷林に囲まれているため台風の影響を受けにくいこともその造形美の保護を助けています。それにしても立派な樹木は生命力を感じさせますね。遠くからその全体像を見ると思わずため息が出ます。近くから見上げても感動的で楽しめますよ。

コメント

沖縄の名所・観光名所
沖縄の文化と名物
沖縄の歴史facebookページ